のんびりと更新中ー

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつのまにか

いつの間にか、広告が出てしまいましたね…
しかし、UP出来そうな絵もなく困り果てている
仕方ないので怖い話をします(え
ではでは

友人の話、
良くある話、
でも、実際に自身に起こったら嫌な話、

とある用事で遅くまで外出し、遅くなった為、
早足でバス亭へと向かっていき、時刻表を確認したそうです。

時刻は夜中の23時40分過ぎ

最後のバスは行ってしまった後
仕方ないと、諦めて、タクシー乗り場に並び順番待ちすることに。

女性 私 男性
自分を含め3人並んだ列

大きな駅だったので、タクシーはすぐつかまり、
女性が入っていきました。
次のタクシーがすでに並んでいたのでそちらに行こうとしたとき、
後ろの男性から声がかかりました。
「乗らないのですか?」
少しイラついた声で発せられた言葉に少し嫌だなと思い
「前の女性が乗っているじゃないですか」
と言い返そうとして女性を確認しようとタクシーを見ました
いつまでの開いているタクシーの扉と、誰もいない座席

確かに乗ったはずなのに・・・?

困惑して立っていると、タクシーの運転手からも乗らないんですか?
といわれ変だなと思いつつも、慌てて乗り込んだそうです
何もなくそのまま目的地まで着き、料金を払い
あれは気のせいだったと思いながら、
車から降りて、タクシーの窓を見るとさっきまでいなかったのに
確かに女性が見えたそうです。

友人は、ただ、なんとなく
どこまで乗せていくのだろう…?
と思ったそうで。

そこからどうなったは分からないけれどと笑って話してくれました。

聞くだけではあんまり怖くはないけれど、遭遇はしたくないっ!


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

高下鉄

Author:高下鉄
ふらふらとイラストをあげなかったり
あげたりすると思いますが
よろしくお願いします。
------------
banner:直リン禁止



b:A
f:hirosima→kyoto

m:kouge_gyan★yahoo.co.jp
★→@へ変えてどうぞ
―――――――
お仕事募集してたり
簡単なイラストから募集しています!!!
ブログからも、まだまだ未熟者ですが
よろしくお願いします。
(お仕事は有償のみとなります。)

COM様
―――――――――――――

ブロとも申請フォーム

ブロとも募集中
↑お気軽にどうぞ

 
 
 
First
me ?/ * 必読 /work 一覧


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。